DMの作成は代行会社にお任せください

DMというのはダイレクトメールのことで販売促進方法のひとつです。販売促進というのは消費者に商品やサービスの特徴を知らせる、景品や利益を提供することで、より多くの売上につなげるための手法ですが、例えば新しく店舗をだすというような場合、そのエリアに対して宣伝をするということになります。一般的な方法としてチラシや新聞折り込みといった方法がありますが、広く伝える場合に有効な方法となりますが、そのリピートということを考えた場合にターゲットを決めることが難しい、内容の自由度に限度があるということにもなります。他にも情報誌に掲載するポスターでの告知というような方法もありますが、ダイレクトメールならターゲットを明確にすることができる、目的に合わせて内容を変えることもでき、有効な販売促進方法なのです。

DMの目的とターゲットを明確にする

ダイレクトメールの特徴である目的に合わせて内容物を作ることができるということと、ターゲットをエリアといった広い範囲ではなく、個人ごとに対応することができるということから、費用対効果を最大限高めることができる方法なのです。そのためにはまず目的を明確にすることです。新しい商品やサービスを展開するのか、新規顧客を開拓するのか、決めるということです。目的によって内容物を作ることになりますが、新しい商品やサービスならわかりやすく魅力的に伝えるということが必要となり、新規顧客を開拓する場合このダイレクトメールを受け取った人だけという特別感を出すことも有効です。ターゲットとしては顧客リストから選定することになり、特定の人に対して送付する、過去に購入履歴がある人に対して送付するなど決めることです。

DMの作成にかかる手間を削減する

目的やターゲットを明確にすることができれば発送をする作業を行うことになります。これら一連の作業を自社で行う場合はかなり手間がかかることになります。送付するものをどのようなものにするのか、デザインを含めて作成する必要があります。送付先は顧客リストから選ぶことになり、過去の購入履歴など様々な分析も必要となります。そして送付する作業ということになります。このような作業を、効率的に手間を削減する方法として代行業者へ依頼する方法があります。代行業者の場合はこれら販促物のデザインや作成を行うところがあり、一連の作業を依頼することもできるのです。自社で行うためにかかる時間とコストを考えた場合、代行業者にはそのノウハウがあることになり早く作業を完了できることでコストも安く済ませることができます。