ポケットティッシュでお互いのメリット

ポケットティッシュをもらうために

駅前や賑やかな通りで販促ツールとして配られるポケットティッシュですが、私のようになかなか受け取るのが下手な方もいらっしゃるかもしれません。ポケットティッシュを受け取ることで欲深い人間だと思われたくないとか、差し出してくれているのに受け取らないのは失礼な印象を与えてしまうとか、人によって考え方や感じ方もいろいろあるようです。
さて、ポケットティッシュを配る側の立場で考えてみましょう。実際に配布をしている人は、用意されたポケットティッシュを効率的に配りたいと考えるはずです。一方で広告主は、自社の商品やサービスを購入してくれそうな層に配りたいと考えます。例えば、若者向けの商品を扱っている広告主のポケットティッシュならば、できるだけ若者に配りたいのです。
できればチラシを配布したいのが本音なのだろうと思いますが、なかなかチラシ単体では受け取ってもらえないのが実情のようです。そこでポケットティッシュと組み合わせたり、ポケットティッシュだけを配ったりと工夫しているのです。私達がポケットティッシュを受け取ることができるかどうかは次の条件が重なり合って決まるようです。
①広告主のターゲットに入っているか②配布している人が誰にでも配る人かどうか③配布している人に近づくときの態度が好意的かどうか。①と②は運任せですが、渡されやすい態度や表情であればもらえる確率が増えそうです。

ポケットティッシュの宣伝効果

街を歩いているとポケットティッシュを配っている人を見かけることがあります。無料で配布されているポケットティッシュは実用性も高く、お得感からついつい手に取ってしまう方も多いと思います。配布されているポケットティッシュには必ず広告が一緒に入っており、見やすい位置に貼られていますが、この広告は意外と宣伝効果の高いものでもあります。広告はいかに人目に触れるかがポイントになります。
時間をかけてせっかくチラシを作っても読んでもらえなくては意味がありません。しかしだたチラシを配ったとしても、もらってくれる人の数は知れていますし、たとえもらってくれたとしてもそのチラシを改めて見てくれるとは限りません。しかし実用性の高いポケットティッシュと一緒にすることで、カバンから出してティッシュを使うたびに広告も一緒に目に入る確率が高まるのです。
コンパクトで簡単に収納でき余ったティッシュは気軽に他人にあげることもできるため、さらにほかの人の目につく可能性も上がります。一方的に人の目に触れさせるだけではなく、実用性を高めることでもらった側にメリットがあるようにする「win-win」の関係が成り立っていることが、ポケットティッシュの宣伝効果を高めているようです。

おすすめ情報

ポケットティッシュ1つでわかる面白い情報

ポケットティッシュから分かる情報 街頭でポケットティッシュを配っている人を見かけたことは誰でも一度…

続きを読む

質が良くて価値のあるポケットティッシュ

日本のポケットティッシュ 日本のポケットティッシュのクオリティは非常に高いです。しかも、無料でそれ…

続きを読む

ポケットティッシュでお互いのメリット

ポケットティッシュをもらうために 駅前や賑やかな通りで販促ツールとして配られるポケットティッシュで…

続きを読む

ポケットティッシュの宣伝効果について

ポケットティッシュは日本だけの常識 駅前や街頭でポケットティッシュを配る光景は日本ではもはや当たり…

続きを読む